トップ –> 新しい思想 –> 世界共通の人間として望ましい生き方「道徳」を生き方の柱とし世界の平和を願う

世界共通の人間として望ましい生き方「道徳」を生き方の柱とし世界の平和を願う



こんにちは
 暑かった夏も遠ざかり朝夕は涼しい風が吹きはじめました。秋の気配を感じます。
 いよいよ九月ですね。九月があなたにとって気持ちの良い月になりますよう毎朝一心にご祈念致します。
 この尊い九月の守護神符を着帯して、姿勢を正して声高らかに堂々と三誓唱和を励行しよう。そして
「背すじを伸ばして姿勢良く笑顔で明るくごあいさつ」
を心がけよう。自己のしあわせのために。世界の平和のために。

○「戦争はしたくない」「平和を守りたい」は誰しも願っている事ですが、大切なのは、平和を守るためには今何をしなければならないか、と言う事ではないでしょうか。

○「平和」「平和」と叫んでいれば、平和が実現すると思っている人がいますが、それは現実や歴史を知らない、自己勝手な自己満足にすぎません。現実には世界中どこの国も武器を持っています。

○もし日本が攻撃を受けたら、どうして守るのですか。少なくとも高度な防衛能力を備えていなければ全滅させられてしまいます。

○しかし私達日本の国は先の大戦で、軍国主義にひた走り、大きな犠牲を払った悲惨な過去があります。防衛力を強化すると又戦争を引き起こすのではないかと、心配になり躊躇してしまいます。

○まず私達日本の国は、この地球の摂理(哲学)に基づいた世界共通の人間として望ましい生き方「道徳」を生き方の柱として実践に努め、真に世界の平和を願う国民である事を国の内外にアピールする事から始めなくてはならないと思います。それでこそ安心して防衛力を強化できる国になれると思います。


平成二十七年九月一日
本光寺住職 宗道普照会  大石 純厚

(http://yui-honkouji.com/  「由比 本光寺」検索)

ページのトップへ

  • 電話をかける
  • メールを送る
  • googleマップを開く
  • このページのトップへ