大自然のパワー(気)をとり込むことで、おどろくべき大きな力を発揮できる



こんにちは
 暑かった夏も遠ざかり朝夕は涼しい風が吹きはじめました。秋の気配を感じます。
 いよいよ九月ですね。九月があなたにとって気持ちの良い月になりますよう毎朝一心にご祈念致します。


 この尊い九月の守護神符を着帯して、姿勢を正して声高らかに堂々と三誓唱和を励行しよう。そして
「背すじを伸ばして姿勢良く笑顔で明るくごあいさつ」
を心がけよう。自己のしあわせのために。世界の平和のために。


○毎朝、おつとめのあと、境内の大鐘を打ち鳴らし、本堂前で天地六方を拝している。
 大きく手を広げて合掌し天を仰ぐと、無窮の大空、緑の山々、青々とした海から、自然のパワー(気)が自分自身の中に入り込んでくるような気がする。
 すがすがしい気持ちになって"さあ今日もがんばるぞ"という力がわいてくる。


○私達人間はこの大自然の中で、長い年月をかけて命を与えられ育まれている一つの生きものです。
 大自然のパワー(気)をとり込むことで、おどろくべき大きな力を発揮できるのです。
 気力・元気・気合すべて自然のパワーを表す"気"がついている。


○実は大自然の摂理(ルール)にもとづいた生き方を誓う「南無妙法蓮華経」と唱える本門の題目は、この大自然のパワー(気)を自分自身の中にとり込む祈願の言葉なのです。



平成二十八年九月一日
本光寺住職
宗道普照会会長   大石 純厚

ページのトップへ

異常気象の原因である大気汚染をくりかえす生活から自然との共生・共栄を軸としたライフスタイルへ変えよう



こんにちは

 ひまわりの花が照りつける太陽をうけてニコニコしています。
 いよいよ八月ですね。青い海、緑の山、かがやく太陽、暑いですが夏には夏の良さがあります。

 八月があなたにとって気持ちの良い月になりますよう毎朝一心にご祈念致します。

 この尊い八月の守護神符を身につけて、姿勢を正して、声高らかに堂々と「しあわせスローガン」を音読してみよう。そして「背すじを伸ばして姿勢良く笑顔で明るくごあいさつ」を心がけよう。自己のしあわせのために。世界の平和のために。

○近年、私達の住む地球全体が高温多雨の異常気象になり、各地で洪水・鉄砲水・竜巻・熱中症等による被害が続出しています。
 これは私達一人一人が車や工場の排気ガス・空調設備や冷蔵庫等のフロンガスで、大気を汚染してきたからです。自然の力で回復できないほど汚染をくりかえしてきたからです。

○私達人間はこれまでのような生活を続けるわけにはゆきません。自然との共生・共栄を軸としたライフスタイルに変えなければなりません。
 まず守護神符を着帯し、自然の摂理(ルール)にふさわしく生きる「しあわせスローガン」の音読から始めましょう。


平成二十八年八月一日
本光寺住職
宗道普照会会長   大石 純厚

ページのトップへ

背すじを伸ばして姿勢良く笑顔で明るくごあいさつ 平成28年7月



 こんにちは

 耳を澄ますとせみの鳴き声が聞こえてきます。眼下の駿河湾では早朝から、しらす漁をする元気の良い小舟の音がひびいています。

 いよいよ七月ですね。今年も後半に入りました。七月があなたにとって気持ちの良い月になりますよう毎朝一心にご祈念致します。

 あなたをいつも護ってくれるこの七月の守護神符をきちっと着帯し、姿勢を正して、声高らかに堂々と三誓唱和を励行しよう。そして「背すじを伸ばして姿勢良く笑顔で明るくごあいさつ」を心がけよう。この小さな習慣が、あなたに大きな幸運をもたらします。

○背すじをのばして姿勢良くすると肺が広がりたくさんの酸素が肺から血液の中に送り込れ、脳の毛細血管の中にもゆきわたります。ですから脳が活性化され、頭の回転がよくなります。頭が良くなりますから、成績が向上します。ぼけ防止にもなります。しかも背すじが伸びて姿勢の良い人は、見た目にもカッコイイです。現代は見てくれもとても大事です。

○笑顔は人間が持っている最高のプレゼントです。
なぜなら何をもらうより、「ありがとう」の笑顔が一番うれしいからです。そして笑顔は誰でも作ることができます。


平成二十八年七月一日
本光寺住職
宗道普照会会長   大石 純厚

ページのトップへ

毎日の小さな習慣ほど大きな力を発揮するものはない 平成28年6月


 こんにちは
 静かな雨が降っています。あじさいの清楚な花がいきいきとしています。雨には雨の良さがあります。
 いよいよ六月ですね。今年も半ばを迎えました。六月があなたにとって気持ちの良い月になりますよう毎朝一心にご祈念致します。

○私は今月七十五才になります。
人生をふりかえって、毎日の小さな習慣ほど大きな力を発揮するものはないと痛感しています。

○私は健康のために三つのことを心がけています。

1.水をよく飲む。
2.よくかんで食べる。
3.毎日六千歩あるく。


○満足できる幸せな人生を送れるよう、守護神符(特別なお守)を着帯し「しあわせスローガン」を心がけています。

背すじを伸ばして姿勢良く
          笑顔で明るくごあいさつ

一、耐えて努力できる人になろう
一、他人を思いやれる人になろう
一、うそを言わない正直な人になろう

○人生とは毎日の習慣である。(アリストテレス)

平成二十八年六月一日
本光寺住職
宗道普照会会長   大石 純厚

ページのトップへ

幸せも不幸もあなた自身の心が決める 平成28年5月



 こんにちは
 青空にこいのぼりが元気よく泳いでいます。みかんの花が白い清楚な香りをただよわせています。眼下の駿河湾では桜えび漁が始まりました。
 いよいよ五月ですね。あなたにとって気持ちの良い五月となりますよう、毎朝一心にご祈念致します。

○ダウン症の二才の男の子のお母さんが言っていました。「幸せは他人からは測れない。この子が自分で幸せと思えるように育てたい。」と、
まさに「幸せも不幸もあなた自身の心が決める」のです。

○ほんとうの幸せは求めて得られるものではありません。生かされている事に感謝する自分自身の心の中にあります。


平成二十八年五月一日
本光寺住職
宗道普照会会長   大石 純厚

ページのトップへ

他人(ひと)に迷惑をかけない思いやりの心を育てよう



こんにちは 
 春光うららかに桜の花も満開です。いよいよ四月ですね。気持ちを新たにし、初心にかえって、一日一日を励みましょう。四月があなたにとって気持ちの良い月になりますよう、毎朝一心にご祈念致します。

○あなたの運命を幸運にかえるのは毎日の習慣です。
あなたをいつも護ってくれる守護神符(毎月のお守)をきちっと着帯し、大自然の摂理(せつり)にふさわしく生きようと誓う「しあわせスローガン」を励行(れいこう)する小さな習慣が、あなたに大きな幸運をもたらします。

○今、日本の国ではいじめや振り込め詐欺はもちろん、ストーカー事件、食品等の偽装、データーの改ざん等の犯罪がひんぱんに起こるようになりました。
これは私たちが、知らず知らずのうちに「他人(ひと)はともかく、自分さえ良ければいい。」と、自分勝手な考え方になってきたからです。しかも少しぐらい悪い事でも、「見つからないようにやればいい。」という風潮になってきたからです。

○なんとかして、皆んなの心の中に、他人(ひと)に迷惑をかけない思いやりの心を育てなければなりません。
まず私達から始めましょう。
「しあわせスローガン」の音読から始めましょう。

○守護神符を持つ人が増えれば世の中はよくなります。
広げよう会員の輪、作ろう住み良い社会。

平成二十八年四月一日
本光寺住職
宗道普照会会長   大石 純厚

ページのトップへ

「しあわせスローガン」は世界共通の羅針盤です。平成28年3月

 
 
 こんにちは
 寒い中にも境内の梅の花が開き、すがすがしい香りがただよっています。見下ろす駿河湾もキラキラと輝いて春のおとずれを感じます。
 いよいよ三月ですね。あなたにとって気持ちの良い月になりますよう、毎朝一心にご祈念致します。

 ○今の世の中は「他人はどうなっても自分さえ良ければいい。」「見つからないようにやれば、多少は不正をしてもいい。」と言った風潮が蔓延してきています。
 世界的に見れば、自分の国や民族や宗教の立場をかたくなに主張し、容れられなければ、腕力にものを言わせます。

 ○異常気象になって、各地に自然災害が頻発し、多くの人々が命を失うようになったのも、元はと言えば、私達人間の利己主義です。
  今世界は羅針盤のない船に乗って航海しているようなものです。いつ座礁しても不思議ではありません。

 ○私達人間は自然の摂理(ルール)の中で、空気や水、熱、光を与えられ生かされている一つの生き物です。自然の摂理に基づいた人間として望ましい生き方を最優先すべき時代ではないでしょうか。

 ○自然の摂理(根本原理)とは、
  一、この世の中のすべてのものは、時間と環境によって変化しています。
  一、この世の中のすべてのものは、他とのかかわりあいによって存在しています。それ単独で存在できるものはありません。
  一、この世の中のすべての事は、因と縁によって生じています。偶然だと思うのは、その人が因と縁を知らないだけです。

 ○この自然の摂理に基づいた人間として望ましい生き方を「しあわせスローガン」にしました。ですからこの「しあわせスローガン」は世界共通の羅針盤です。
  一、耐えて努力できる人になろう。
  一、人を思いやれる人になろう。
  一、うそを言わない正直な人になろう。

平成二十八年三月一日
本光寺住職
宗道普照会会長   大石 純厚

ページのトップへ

他人(ひと)に迷惑をかけない思いやりの心を育てましょう。平成28年2月



 こんにちは
 きびしい寒さですが、お元気でいらっしゃいますか。
 早いもので平成二十八年が始まってもう一ヶ月、冬来たりなば、春遠からじ。二月四日は立春です。
 境内の梅の花が開き始めました。寒さの中にも自然は春の準備を始めています。


 「梅、寒苦に耐えて香り良し
        人、辛苦に勝って喜び多し」


 あなたの運命を幸運にかえるのは毎日の小さな習慣です。
 あなたをいつも護ってくれるこの守護神符(しゅごしんふ・毎月のお守)をきちっと着帯し、大自然の摂理(せつり)にふさわしく生きようと誓う「しあわせスローガン」を励行(れいこう)する小さな習慣が、あなたに大きな幸せをもたらします。


 今、日本の国ではいじめや振り込め詐欺はもちろん、ストーカー事件、食品等の偽装、データーの改ざん等の犯罪がひんぱんに起こるようになりました。


 これは私達が、知らず知らずのうちに「他人(ひと)はともなく、自分さえ良ければいい。」と、自分勝手な考え方になってきたからです。しかも少しぐらい悪い事でも、「見つからないようにやればいい。」という風潮になってきたからです。


 なんとかして皆んなの心の中に、他人(ひと)に迷惑をかけない思いやりの心を育てなければなりません。
 まず私達から始めましょう。


 「しあわせスローガン」の音読から始めましょう。


平成二十八年二月一日
本光寺住職
宗道普照会会長   大石 純厚


ページのトップへ

新年明けましておめでとうございます。平成28年元旦


〇平成二十八年(二〇一六年)、新年が始りました。今年は三百六十六日ありますが、一日一日が大切です。あなたの運命を幸運にかえるのは毎日の小さな習慣です。


〇ラグビーワールドカップで優勝候補の南アフリカを破って、奇跡の三勝をあげた、五郎丸選手をはじめとするさくらの日本チーム。勝利を目指して四年間、きっちり毎日の練習、ルーティーンを積み重ねたからです。
大切なのは勝利のためにどんな練習を重ねたかと言う事です。すぐれたコーチの適切な指導があった事を忘れてはなりません。


〇私達は誰しも幸せな満足できる人生を願って、毎日努力を重ねています。しかし大切な事は、一度しかない人生という大試合に勝利するために、どんな毎日の努力、ルーティーンを積み重ねているかという事なのです。


〇自主性、個性を尊重するからと言って、自分勝手な練習ばかり重ねているだけでは、大事な試合に勝つ事は出来ません。監督・コーチの適切な指導が不可欠です。まして失敗は許されない。人生という大試合に勝利するためには、若い幼少の時の練習、ルーティーンがきわめて大切です。未熟な自分勝手な練習に任せてしまっていては、人生に勝利をして幸せな人生を送る事は出来ません。


〇皆様方のお幸せを願って、人生の先輩としてアドバイスさせて頂きます。
この「幸せスローガン」をお宅のよく目につく所に貼って、一日一回音読してみて下さい。満足出来る人生を送る事が出来ます。


一、耐えて努力できる人になろう
一、他人(ひと)を思いやれる人になろう
一、うそを言わな正直な人になろう


背すじを伸ばして姿勢良く
笑顔で明るくごあいさつ


「幸せスローガン」をご希望の方は、ご一報下さい。プレゼントします。
054(376)0088



平成二十八年元旦
本光寺住職 宗道普照会会長  大石 純厚

ページのトップへ

フランス パリ同時テロ事件より考える。宗教は人生の選択科目、宗道は必修科目。



 こんにちは
 紅葉が夕日にあかあかと、音もなく散っています。秋が終わりました。
 いよいよ十二月、平成二十七年もあと一ヶ月となりました。一年のしめくくりの時です。一日一日を大切にして下さい。
 この尊い十二月のお守は、あなただけを護る守護神符です。必ず身につけていて下さい。そして一日一回は声高らかに堂々と「三誓」をお唱え下さい。厄災から護っていただき、しあわせになる事が出来ます。同時に世界の平和に貢献することでもあります。

○先日十一月十三日に起こったフランス パリの同時テロ事件。
 イスラム教の一生懸命な信者達「イスラム国」の人達は、「アラーの神は偉大なり」と叫んで銃を乱射し、自分達と違う宗教の人を次々と殺しました。130人が殺され、350人が重軽傷を負ったのです。

○宗教は自由ですから何を信仰しても良いのですが、熱心な信者さんになればなるほど、自分の信ずる神様を尊崇するあまり、他の神様を信仰する人達を軽視するようになります。そして、批判されたり風刺されたりすると、無性に腹が立って、異教徒の命を奪っても、尊崇する神様にむしろ喜ばれると思ってしまうのです。自爆しても来世は神様に守護していただけると思ってしまうのです。

○どの宗教もこの危険性をはらんでいます。ですから宗教はあまり一生懸命にならないで、ほどほどにしておくのが良いのです。できれば宗教に頼らなくても生きてゆける人に成長してほしいと思います。

○仏教は宗教ではありません。「宗道」です。
 私達人間は摂理(ルール)つまり自然の摂理の中で、命を与えられ生かされている一つの生き物ですから、自然の摂理にふさわしい生き方をしてこそ人間の存続も繁栄も約束されますが、そうでなければ滅亡してしまいます。この自然の摂理に基づいた人間として望ましい生き方を「宗道」と言います。

○ですからどんな宗教を持つ人も、宗教を持たない人も「宗道」の生き方を最優先しなければならないのです。宗教は人生の選択科目ですが、「宗道」は必修科目です。


平成二十七年十二月一日
本光寺住職 宗道普照会  大石 純厚

(http://yui-honkouji.com/  「由比 本光寺」検索)

ページのトップへ

  • 電話をかける
  • メールを送る
  • googleマップを開く
  • このページのトップへ