新年明けましておめでとうございます 2015年元旦



〇平成二十七年(2015年)、新年が始まりました。今年も三百六十五日ありますが、一日一日が大切です。あなたの運命を幸運にかえるのは毎日の小さな習慣です。


〇あなたをいつも護ってくれるあなたの守護神符(平和の実践者証)をきちっと着帯し、大自然の摂理(せつり・ルール)にふさわしく生きようと誓う、「しあわせスローガン」の音読を励行する小さな習慣が、あなたに大きな幸運をもたらします。大自然のパワーをいただき、内在する自己精魂力(せいこんりょく)が磨かれ、自己の能力が高まるからです。


〇幸運は与えられるものでなく、自己の毎日の習慣によって得られるものです。「運も実力のうち」とはこのことです。まず「しあわせスローガン」の音読から始めましょう。


平成二十七年 元旦
本光寺住職 宗道普照会会長 大石 純厚

ページのトップへ

社会に適応できるよう強いて変えるのが教育である 平成26年12月1日



 こんにちは
 紅葉が夕日にあかあかと、音もなく散っています。秋が終わりました。
 いよいよ十二月、平成二十六年もあと一ヶ月となりました。一年のしめくくりの時です。一日一日を大切にして下さい。


 この尊い十二月のお守は、あなただけを護る守護神符です。必ず身につけて下さい。そして一日一回は声高らかに堂々と「三誓」をお唱え下さい。厄災から護っていただき、しあわせになる事が出来ます。同時に世界の平和に貢献することでもあります。


〇先月新潟県のつばめ市で24才の母親が3才の長女を川に突き落として殺した。
大阪府茨木市では19才の母親が3才の長女に食べ物を与えず餓死させた。子供の胃の中からタマネギの皮やアルミ箔、ろうが出て来た。空腹に耐えきれず食べたらしい。
人間はなぜこんなもごい事をするのだろう。


〇母親は「子供が夜泣いて自分の時間が持てない。うざくなって殺した。」と言っている。
幼児はまだうまく言葉が話せない。辛くてがまん出来ない事を泣いて訴えているのです。どうすることも出来ない辛さを察知してあげるのが母親のつとめではないだろうか。


〇解剖学者として世界的権威でもある養老孟司(ようろうたけし)さんは、「自主性・個性を尊重するからと言って、自由にふるまっていたら人間にならない。社会に適応できるように強いて変えるのが教育である。」と言っています。
動物である人間の本質を追求している第一人者の言葉ですから、実に重みがあります。


〇戦後70年、日本の教育は「自主性・個性を尊重しよう。」ばかりが強調されてきました。「他人(ひと)も思いやりましょう。」を教えることを忘れていたのです。
私達は「自主性・個性を尊重しましょう。」と言われれば、「他人(ひと)のことはともかく、自分の思い通りにやればいいのだ。」と思ってしまいます。自分の本能のままに行動してしまいます。まさに養老孟司さんが、「・・・人間にはならない。社会に適応できるよう強(し)いて変えるのが教育である。」と警告した通りになってしまいました。


まず「しあわせスローガン」の音読から始めましょう。


平成二十六年十二月一日
宗道普照会  大石 純厚

(http://yui-honkouji.com/  「由比 本光寺」検索)


ページのトップへ

地球の摂理にもとづいた、生き方(宗道)を始めよう



 こんにちは

 天高くもずの声さえわたり、秋も一段と深まってまいりました。
 いよいよ十一月ですね。十一月があなたにとって気持ちの良い月になりますよう、毎朝一心にご祈念致します。
 この尊い十一月の守護神符を身につけて、姿勢を正して堂々と三つの誓い「しあわせスローガン」を
声に出して言ってみよう。そして「背すじを伸ばして姿勢良く、笑顔で明るくごあいさつ」を心がけよう。
自己のしあわせのために。世界の平和のために。

 ○今、地球は悲鳴を上げています。
私達人間の作りだす大量の排気ガスにより温暖化し、今までにない自然災害が次々と起こるようになりました。
私達は知らず知らずのうちに、自分の首を自分で絞めているのです。もっと自然との共存・共栄を配慮しなければなりません。

 ○今、私達人間は自分達の国家・民族・宗教等の利害関係によるナショナリズムが強くなり、
なかなか相手を認めようとしません。世界各地で人間同士の争いが激しくなってきました。

 ○今こそ私達人間は、地球の摂理(ルール)の中で、命を与えられ生かされている一つの生きものですから、地球の摂理にもとづいた生き方を始めなくてはなりません。
それぞれの国家・民族・宗教等を越えて、地球の摂理にもとづいた、世界共通の人間として望ましい
生き方(宗道)を始めなくてはなりません。

 ○宗道とは

 一つ、耐えて努力できる人になろう
 一つ、他人を思いやれる人になろう
 一つ、うそを言わない正直な人になろう

 (これが 「しあわせスローガン」です)



平成二十六年十月一日
宗道普照会  大石純厚

(http://yui-honkouji.com/ 「由比 本光寺」検索)

ページのトップへ

どんなに暗い夜も 必ず明るい朝となる。



こんにちは

 真っ青な空にトンボがスイスイと気持ち良さそうに飛んでいます。
コスモスの花がさわやかな風にゆれています。
 もうすっかり秋ですね。

 あなたをいつも守ってくれるこの守護神符(十月のお守)をきちっと携帯し、大自然の摂理(ルール)にふさわしく生きようと誓う、三誓唱和を励行する小さな習慣が、あなたに大きな幸運をもたらします。

 どんなに暗い夜も必ず明るい朝となる
 守護神符をにぎってこらえ時を待て
 必ず救いがあり必ず喜べる時が来る



平成二十六年十月一日
宗道普照会  大石純厚

(http://yui-honkouji.com/ 「由比 本光寺」検索)

ページのトップへ

国際連合ユネスコ憲章より~「戦争は人の心の中から作られる。心の中に平和の砦を築かなければならない。」



こんにちは

 暑かった夏も遠ざかり朝夕は涼しい風が吹きはじめました。秋の気配を感じます。
いよいよ九月ですね。九月があなたにとって気持ちの良い月になりますよう毎朝一心にご祈念致します。

この尊い九月の守護神符を着帯して、姿勢を正して声高らかに堂々と三誓唱和を励行しよう。そして

「背すじを伸ばして姿勢良く笑顔で明るくごあいさつ」

を心がけよう。自己のしあわせのために。世界の平和のために。

○竹島の問題・尖閣諸島の問題を見ていて痛感します。私達日本人が平和を守っていれば他の国は侵略してこないだろうという、思いやり外交は通用しません。竹島は韓国人が上陸して独占していますし、尖閣諸島は中国人が頻繁に領海を侵犯してきています。その度自衛隊が必死で追い払っています。

○侵略してくる者から日本の国を守るためには、高度な防衛能力が必要です。他の国々と連帯しないで日本だけが独自に自衛すると言っても、実際は出来ませんし、むしろ国際社会から孤立して経済面ばかりでなく、色々な面でたちゆかなくなってしまいます。

○国際連合ユネスコ憲章の中に「戦争は人の心の中から作られる。心の中に平和の砦を築かなければならない。」とあります。
侵略してくる国の人々の心の中に、他の国の人々も大切にする。平和の砦をしっかりと築かなければなりません。

○地球の摂理(ルール)にもとづいた、人間として望ましい生き方「宗道」の人生観、三つの誓を唱和し、実践出来る人々を育てなければなりません。

○守護神符(平和の実践者証)を着帯して下さる方々は、世界の平和実現のために、なんと大切な方々でありましょうか。




平成二十六年九月一日
宗道普照会  大石純厚

(http://yui-honkouji.com/ 「由比 本光寺」検索)



ページのトップへ

姿勢の良い人はカッコイイ。笑顔は最高のプレゼント。



こんにちは
 
 ひまわりの花が照りつける太陽をうけてニコニコしています。

 いよいよ八月ですね。青い海、緑の山、かがやく太陽、暑いですが夏には夏の良さがあります。
 八月があなたにとって気持ちの良い月になりますよう毎日一心にご祈念致します。
 この尊い八月の守護神符を身につけて、姿勢を正して、声高らかに堂々と三誓唱和を励行しよう。そして「背すじを伸ばして姿勢良く笑顔で明るくごあいさつ」を心がけよう。自己の幸せのために。世界の平和のために。

 ○背すじを伸ばして姿勢を良くすると肺が広がりたくさんの酸素が肺から血液の中に送り込まれ、脳の毛細血管の中にもゆきわたります。ですから脳が活性化され、頭の回転が良くなります。頭が良くなりますから、成績が向上します。ぼけ防止にもなります。しかも背すじが伸びて姿勢の良い人は、見た目にもカッコイイです。現代は見てくれもとても大事です。

 ○笑顔は人間が持っている最高のプレゼントです。

なぜならば何をもらうより、「ありがとう」の笑顔が一番うれしいからです。そして笑顔は誰でも作ることが出来ます。


平成二十六年八月一日
宗道普照会  大石純厚

(http://yui-honkouji.com/ 「由比 本光寺」検索)

ページのトップへ

子供は親の背を見て育つ。人間の成長には幼い頃の家庭環境が大切。



こんにちは

 耳を澄ますとせみの鳴き声が聞こえてきます。眼下の駿河湾では早朝から、しらす漁をする
元気の良い小舟の音がひびいています。

 いよいよ七月ですね。今年も後半に入りました。七月があなたにとって気持ちの良い月になり
ますよう毎朝一心にご祈念致します。
 あなたをいつも護ってくれるこの七月の守護神符をきちっと着帯し、姿勢を正して、声高らかに
堂々と、三誓唱和を励行しよう。そして「背すじを伸ばして姿勢良く笑顔で明るくごあいさつ」を
心がけよう。この小さな習慣が、あなたに大きな幸運をもたらします。

 ○最近の子供は親から小言を言われたりすると
「頼みもしないのに勝手に生んで!」と悪態をつく。
皆さんならこの悪たれ小僧を何と言って叱るだろうか。

 ○子は親の鏡と言うが、親が子に感謝の心を教えないからだと思う。自業自得だと思う。
実際親は我が子のために昼夜となく働き、自分が食べずに食べさせ、子が病気の時には
寝ないで看病した。
子供は教えれば判るが教えなければ判らない。

 ○人間の成長には幼い頃の家庭環境がきわめて大切です。
一人の人間の性質、性格は十才くらいまでに形成されるからです。
子供は親の背を見て育つ。「しあわせスローガン」を音読する威儀を正した親の姿こそ大切
だと思う。


平成二十六年 七月一日
宗道普照会  大石 純厚

(http://yui-honkouji.com/ 「由比 本光寺」検索)

ページのトップへ

自然の摂理(ルール)にふさわしく生きる「宗道」の実践から始めましょう



 こんにちは

 静かな雨が降っています。あじさいの清楚な花がいきいきとしています。
雨には雨の良さがあります。

 いよいよ六月ですね。今年も半ばを迎えました。六月があなたにとって気持ちの良い月になりますよう毎朝一心にご祈念致します。

 あなたをいつも護ってくれるこの六月の守護神符をきちっと着帯し、姿勢を正して、声高らかに堂々と、三誓唱和を励行しよう。そして「背すじを伸ばして姿勢良く笑顔で明るくごあいさつ」を心がけよう。
この小さな習慣が、あなたに大きな幸運をもたらします。

○近年、私達の住む地球全体が高温多雨の異常気象になり、各地で洪水・鉄砲水・竜巻・熱中症等による被害が続出しています。

これは私達一人一人が車や工場の排気ガス・空調設備や冷蔵庫等のフロンガスで、大気を汚染してきたからです。自然の力で回復できないほど汚染をくりかえしてきたからです。

○私達人間はこれまでのような生活を続けるわけにはゆきません。自然との共生・共栄を軸としたライフスタイルに変えなければなりません。

まず守護神符を着帯し、自然の摂理(ルール)にふさわしく生きる「宗道」の実践から始めましょう。
三誓唱和を励行しましょう。



平成二十六年 六月一日
宗道普照会  大石 純厚

(http://yui-honkouji.com/ 「由比 本光寺」検索)


ページのトップへ

世界の平和は三誓唱和から「耐えて努力する心」「他人を思いやる心」「うそを言わない正直な心」


 こんにちは

 青空にこいのぼりが元気よく泳いでいます。みかんの花が白い清楚な香りをただよわせています。眼下の駿河湾では桜えび漁が始まりました。
 いよいよ五月ですね。あなたにとって気持ちの良い五月となりますよう、毎朝一心にご祈念致します。

 この尊い五月の守護神符を身につけて、姿勢を正して声高らかに堂々と三誓唱和を励行しよう。そして「背すじを伸ばして姿勢良く、笑顔で明るくごあいさつ」を心がけよう。自己のしあわせのために、世界の平和のために

「世界の平和は三誓唱和から始まります。

耐えて努力する心
他人を思いやる心
うそを言わない正直な心

を実践できる人が増えてこそ世界の平和が実現できるからです。
広げよう会員の輪  作ろう住み良い社会。」


平成二十六年五月一日
宗道普照会   大石 純厚

ページのトップへ

美しい日本を、世界の人々を救うために、大自然の摂理にもとづいた生き方を



 こんにちは

 春光うららかに桜の花も満開です。いよいよ四月ですね。気持ちを新たにし、初心にかえって、一日一日を励みましょう。四月があなたにとって気持ちの良い月になりますよう、毎朝一心にご祈念致します。


 あなたをいつも護ってくれるこの守護神符(四月のお守り)をきちっと携帯し、大自然の摂理(ルール)にふさわしく生きようと誓う三誓唱和を励行する小さな習慣が、あなたに大きな幸運をもたらします。


〇あの東日本大震災から三年になる。「大震災の恐ろしさを忘れてはならない。風化させてはならない。」と言うが、ほんとうに忘れてはならないことは、私達人間は時には猛威をふるう大自然の摂理(ルール)の中で命を与えられ生かされている一つの生きものであるから、大自然の摂理にもとづいた、人間として望ましい生き方を学び、行いにあらわすことなのです。


〇加えて先日発表された環境省の研究報告書によると、あと100年もしないうち

 1.海面の上昇で日本の砂丘は8割以上が消失する。
 2.海面上昇と台風強度の上昇で、高潮被害が増大する。
 3.強い雨の頻度が増し、洪水被害が増大する。
 4.熱中症で亡くなる人は今の13倍にもなる。
 5.年平均気温は20度にもなり、日本は亜熱帯化して、四季の美しさは見られなくなる。


〇これは私達一人一人が空調設備や冷蔵庫などのフロンガス、車の排気ガス、工場の煤煙などをたれ流して、大自然の摂理(自浄能力)を破壊してしまったからです。今こそ一人一人が本気になって大自然の摂理(ルール)にもとづいた人間として望ましい生き方「しあわせスローガン」を実践すべき時です。どうかこの美しい日本を救うために、世界中の人々を救うためにお力をおかし下さい。


平成二十六年四月一日
宗道普照会   大石 純厚

http://yui-honkouji.com/  「由比 本光寺」検索

ページのトップへ

  • 電話をかける
  • メールを送る
  • googleマップを開く
  • このページのトップへ