広げよう会員の輪、作ろう住み良い社会。「宗道」大自然の法則に基づいた人生観を



こんにちは

寒い中にも境内の梅の花が開き、すがすがしい香りがただよっています。
見下ろす駿河湾もキラキラと輝いて春のおとずれを感じます。


 いよいよ三月ですね。あなたにとって気持ちの良い月になりますよう、毎朝
一心にご祈念致します。


 あなたをいつも護ってくれるこの守護神符(三月のお守)をきちっと着帯し、一日一回は声高らかに堂々と「三誓」をお唱え下さい。厄災から護っていただきしあわせになることが出来ます。同時に世界の平和に貢献することでもあります。


お知り合いやお友達にもすすめて気持ちの良い社会を作りましょう。
世界の平和のためにあなたのお力をおかし下さい。



 「守護神符を持つ人がふえれば世の中は良くなります
                    広げよう会員の輪 作ろう住み良い社会」





平成二十六年 三月一日
宗道普照会  大石 純厚

{http://yui-honkouji.com/ 「由比 本光寺」検索)


あなたの幸せを護るお守り「守護神符(しゅごじんふ)」、みんなの幸せを願うお守り「平和の実践者証」

ページのトップへ

他人に迷惑をかけない思いやりの心を育てましょう


 
 こんにちは
 きびしい寒さですが、お元気でいらっしゃいますか。
早いもので平成二十六年が始まってもう一ヶ月。冬来たりなば、春遠からじ。二月四日は立春です。
境内の梅の花が開き始めました。寒さの中にも自然は春の準備を始めています。


 「梅、寒苦に耐えて香り良し
          人、辛苦に勝って喜び多し」



 あなたの運命を幸運にかえるのは毎日の習慣です。
 あなたをいつも護ってくれるこの守護神符(毎月のお守り)をきちっと着帯し、大自然の摂理にふさわしく生きようと誓う「しあわせスローガン」を励行する小さな習慣が、あなたに大きな幸運をもたらします。


 今、日本の国ではいじめや振り込め詐欺はもちろん、ストーカー事件、食品等の偽装、データーの改ざん等の犯罪がひんぱんに起こるようになりました。
 これは私達が、知らず知らずのうちに「他人はともかく、自分さえ良ければいい。」と、自分勝手な考え方になってきたからです。しかも少しぐらい悪い事でも、「見つからないようにやればいい。」という風潮になってきたからです。


 なんとかして皆んなの心の中に、他人に迷惑をかけない思いやりの心を育てなければなりません。
 まず私達から始めましょう。


 「しあわせスローガン」の音読から始めましょう。




平成二十六年 二月一日
宗道普照会  大石 純厚

http://yui-honkouji.com/ 「由比 本光寺」検索









ページのトップへ

2014年 新年明けましておめでとうございます



 平成二十六年(二〇一四年)、新しい年が始まりました。今年は三百六十五日ありますが、一日一日が大切です。

 
 あなたの運命を幸運にかえるのは毎日の習慣です。あなたをいつも護ってくれるこの守護神符(毎月のお守り)をきっちと着帯し、大自然の摂理にふさわしく生きようと誓う、三誓唱和を励行する小さな習慣が、あなたに大きな幸運をもたらします。毎朝一心にご健康とご多幸をご祈念致しております。


 私達は皆幸せになりたいと願っていますが、幸せなるためには、忘れてはならないことが二つあります。


〇一つは、生かされていることに感謝する心をお持ちになることです。今日まで生きてくることが出来たのは、自分一人だけの力ではありません。両親を始めとする多くの人達の支え、励ましがあったからです。今日、こうして生きていることは、ほんとうに有り難いことなのです。


〇二つ目は、自分の願いをかなえて、しあわせな人生を送るためには、なんと言っても努力することが大切です。「努力に勝る才能はない。」と言うわけです。
でもいくら努力してもかなわないことがあります。その時にどうするのか、自分を変えるのです。自分の心の持ち方を変えるのです。これが出来るかどうかが幸、不幸の別れ道になります。
例えば、大切な人が亡くなってしまった。もう一度生き返ってほしいと願わずにはいられません。でもいくら願っても、再び生き返ることは出来ません。絶望し、挫折してしまっては人生の終わりです。つらいですが、亡くなって魂となった人が一番喜んでくれることをしてあげよう、心からご冥福をお祈りしてあげようと、自分の心の持ち方を変えることです。



平成二十六年 元旦
宗道普照会  大石 純厚

{http://yui-honkouji.com/ 「由比 本光寺」検索)

ページのトップへ

自然のルールにふさわしい、人間として望ましい生き方とは



こんにちは

 紅葉が夕日にあかあかと、音もなく散っています。秋が終わりました。
いよいよ十二月、平成二十五年もあと一ヶ月となりました。一年のしめくくりの時です。
一日一日を大切にして下さい。

 この尊い十二月のお守りは、あなただけを護る守護神符です。必ず身につけていてください。
そして一日一回は声高らかに堂々と「三誓」をお唱え下さい。厄災から護っていただき、
しあわせになる事が出来ます。同時に世界の平和に貢献することでもあります。

◎私達人間が幸せな人生を送るためには、人間も自然の摂理(ルール)の中で命を与えられ
生かされている一つの生きものですから、自然の摂理にふさわしい生き方を心がけることが
何より大切です。

◎自然のルールにふさわしい、人間として望ましい生き方とは

 一、耐えて努力できる人になろう
 一、他人を思いやれる人になろう
 一、うそを言わない正直な人になろう


この三つの誓を一日一回声に出して音読することから始めましょう。

◎じつはあの日蓮聖人が立正安国を願って「南無妙法蓮華経と唱えましょう」と言ったのは
このことだったのです。
 「妙法蓮華経」に説かれている自然の摂理にふさわしい生き方を実践することだったのです。


平成二十五年十二月一日
宗道普照会  大石 純厚

(http://yui-honkouji.com/   「由比 本光寺」検索)
 


ページのトップへ

人間の能力は無限大だ。努力の先に必ず光はある(2013年11月)



こんにちは
 
天高くもずの声さえわたり、秋も一段と深まってまいりました。
 いよいよ11月ですね。11月があなたにとって気持の良い月になりますよう、毎朝一心に
ご祈念致します。

 この尊い11月の守護神符を身につけて、姿勢を正して、声高らかに堂々と三誓唱和を
励行しよう。そして「背すじを伸ばして姿勢良く、笑顔で明るくごあいさつ」を心がけよう。
自己のしあわせのために。世界の平和のために。

○人間の能力は無限大だ。どれだけの想像力をもって、「良い自分」や「できる自分」を
イメージすることができるか。それが重要だ。

勝者をただうらやんだり、ねたんだりしているだけでは何も始まらない。
努力の先に必ず光はある。
(中村格子・整形外科医師 スポーツドクター)

○一日に一度でいいですから三つの誓い「しあわせスローガン」を威儀を正して声に出して堂々と言ってみて下さい。満足できる毎日をすごすことが出来ます。





平成二十五年十一月一日
宗道普照会  大石 純厚

(http://yui-honkouji.com/   「由比 本光寺」検索)

ページのトップへ

心は希望を失った時に老いるのである【平成25年10月】




こんにちは

 真っ青な空にトンボがスイスイと気持ち良さそうに飛んでいます。
コスモスの花がさわやかな風にゆれています。
 もうすっかり秋ですね。

 この尊い十月のお守を身につけて、一日一回は声高らかに堂々と三誓をお唱え下さい。
厄災から護っていただき、しあわせになることが出来ます。
同時に世界の平和に貢献することでもあります。

 お知り合いやお友達にもすすめて、気持ちの良い社会を作りましょう。皆んなのしあわせのためにも、あなたのお力をおかし下さい。

 十月があなたにとって気持の良い月になりますよう毎朝一心にご祈念致します。


 「人は年齢と共に老いてゆきますが
  心も老いるというわけではない
  心は希望を失った時に老いるのである」




平成二十五年十月一日
宗道普照会  大石 純厚

(http://yui-honkouji.com/   「由比 本光寺」検索)



ページのトップへ

国立教育研究所の公表「いじめをされた、したことがある。90%」



こんにちは
 暑かった夏も遠ざかり朝夕は涼しい風が吹きはじめました。秋の気配を感じます。
いよいよ九月ですね。九月があなたにとって気持の良い月になりますよう毎朝一心にご祈念致します。

この尊い九月の守護神符を着帯して、姿勢を正して声高らかに堂々と三誓唱和を励行しよう。そして
「背すじを伸ばして姿勢良く笑顔で明るくごあいさつ」
を心がけよう。自己のしあわせのために。世界の平和のために。

○先日国立教育政策研究所の公表によると、小学校高学年(10才~12才くらい)
を対象に調査したところ、

 いじめをされたことがある。90%
 いじめをしたことがある。90%

であった。つまり小学生のほとんどの子供は、いじめをしたり、いじめられたりしている。

○このことは、いじめは人間の本能的な行為であると言うことです。
 私達人間も一つの生きものです。自分の身を護り生き延びるために、強いものには敬遠したりへつらう。弱いものは従えたりとうたする能力をおのずから身につけているのです。

○でも人間は他の動物のように、本能のままに弱肉強食であってはなりません。幸い人間は高い能力を持っていますから、教えればわかります。教えれば分るのに、保護者達は仕事が忙しいとか言って、子供達に教えません。いじめは教えない保護者が悪いと思います。

○あの有名な解剖学者である養老孟司さんは、「自主性・個性を尊重するからと言って、自由にふるまっていたら、人間にはならない。社会に適応できるよう、強いて変えるのが教育である。」と言っています。

○私達の「しあわせスローガン」が各家庭に掲げられれば、きっとお役に立つことが出来ると思います。

平成二十五年九月一日
宗道普照会  大石 純厚

(http://yui-honkouji.com/   「由比 本光寺」検索)

ページのトップへ

「ブータン国民の97%が幸せ」日本では・・・生かされていることに感謝する心



こんにちは

 ひまわりの花が照りつける太陽をうけてニコニコしています。
 いよいよ八月ですね。青い海、緑の山、かがやく太陽、暑いですが夏には夏の良さがあります。


 八月があなたにとって気持の良い月になりますよう毎朝一心にご祈念致します。


 この尊い八月の守護神符を身につけて、姿勢を正して、声高らかに堂々と三誓唱和を励行しよう。
そして 「背すじを伸ばして姿勢良く笑顔で明るくごあいさつ」 を心がけよう。
自己のしあわせのために。世界の平和のために。


 先年ブータン国から若い国王夫妻が国賓として来日されました。そのおだやかな暖かい笑顔が印象的でした。ブータンでは国民の97%が満足して幸せな毎日を送っています。


 日本はどうでしょう。衣食住に恵まれ、世界で最も豊かな国の一つであるのに幸せだと思っている人は46%にすぎません。これは一体どうしたことでしょうか。このままでは私達日本人は、こんなに恵まれているのに、不幸な人生を送らねばならないかわいそうな国民で終わってしまいます。


 日本の指導者の皆さんしっかりして下さい。今日生きていることが多くの人達によって支えられていることを教えてあげて下さい。生かされていることに感謝する心を教えてあげて下さい。お願い致します。


幸せも不幸もあなた自身の心が決める。

ほんとうの幸せは求めて得られるものではありません。生かされていることに感謝する自分自身の心の中にあります



平成二十五年八月一日
宗道普照会  大石 純厚

(http://yui-honkouji.com/   「由比 本光寺」検索)

ページのトップへ

富士山と共に世界文化遺産となった三保の松原を一望する 由比本光寺


 こんにちは

 耳を澄ますとせみの鳴き声が聞こえてきます。眼下の駿河湾では早朝から、しらす漁をする元気の良い小舟の音がひびいています。

 いよいよ七月ですね。今年も後半に入りました。七月があなたにとって気持ちの良い月になりますよう毎朝一心にご祈念致します。

 あなたをいつも護ってくれるこの七月の守護神符をきちっと着帯し、姿勢を正して、声高らかに堂々と、三誓唱和を励行しよう。そして「背筋を伸ばして姿勢良く笑顔で明るくごあいさつ」を心がけよう。この小さな習慣が、あなたに大きな幸運をもたらします。

 富士山が世界の自然遺産ではなく、信仰と文化の源泉として文化遺産として認められたことは、大きな意味があります。


 古来から日本人は自然を崇拝し尊んで、共に生きることを心がけて来ました。

 西洋では自然を人間の都合の良いように変え、従わせ、征服することを心がけて来ました。



 今、世界の人々が私達日本人の、自然の摂理(せつり)と共生する生き方を理解し評価したことはすばらしいことです。この本光寺は富士山と共に世界の文化遺産となった、羽衣の三保の松原を一望する高台にあります。


 「なにごとも変わりはてたる世の中に昔ながらの不二の神山」 (徳富蘇峰)



平成二十五年七月一日
宗道普照会  大石 純厚

(http://yui-honkouji.com/   「由比 本光寺」検索)

ページのトップへ

自然との共生・共栄を軸としたライフスタイル「宗道」



こんにちは
静かな雨が降っています。あじさいの清楚な花がいきいきとしています。
雨には雨の良さがあります。


いよいよ六月ですね。今年も半ばを迎えました。六月があなたにとって気持ちの良い月になりますよう
毎朝一心にご祈念致します。


あなたをいつも護ってくれるこの六月の守護神符をきちっと着帯し、姿勢を正して、声高らかに堂々と、三誓唱和を励行しよう。そして「背すじを伸ばして姿勢良く笑顔で明るくごあいさつ」を心がけよう。この小さな習慣が、あなたに大きな幸運をもたらします。


〇近年、私達の住む地球全体が高温多雨の異常気象になり、各地で洪水・鉄砲水・竜巻・熱中症等による被害が続出しています。
これは私達一人一人が車や工場の排気ガス・空調設備や冷蔵庫等のフロンガスで、大気を汚染してきたからです。自然の力で回復できないほど汚染をくりかえしてきたからです。


〇私達人間はこれまでのような生活を続けるわけにはゆきません。
自然との共生・共栄を軸としたライフスタイルに変えなければなりません。
まず守護神符を着帯し、自然の摂理(ルール)にふさわしく生きる「宗道」から始めましょう。



平成二十五年六月一日
宗道普照会   大石 純厚

http://yui-honkouji.com/     「由比 本光寺」検索

ページのトップへ

  • 電話をかける
  • メールを送る
  • googleマップを開く
  • このページのトップへ